勃起不全 (ぼっきふぜん、ボッキフゼン)(ED)対策、ペニスが勃起しないからすぐ勃起するサプリ

勃起不全 (ED) とは

↓勃起不全の改善サプリメント



【シドルフィンEX】

勃起不全とは?

勃起不全とは、主に女性とのセックスの際にペニスが思うように勃起しなかったり、勃起してもすぐに縮んだり、しっかりと勃起しないことでセックスできないなどの症状の事を言います。

EDとも呼ばれ成人男性の4人に1人が、勃起に関して何らかの悩みを持っていると言われています。

 

勃起不全(ED)には主に2つの種類があります。

 

心因性ED

「女性の前で勃起してちゃんとセックスができるか心配」

「セックスの時に勃起しなかったらどうしよう」

「女性を満足 させられなかったらどうしよう」

と精神的なプレッシャーや不安が原因で勃起しないことがあります。

セックスをすることに慣れていない若年層の男性が、経験 することが多いようです。

 

器質性ED

主に体の機能が低下することによって起こるEDです。

ペニスへの血流流入に関する障害や神経的な障害によってEDが起こることがあります。

年齢を重ねるごとにこの症状が現れやすく、主に50代60代の男性に多く見られます。

 

勃起不全になる原因

精神的な焦り、不安によるもの

この原因は主に20代の男性によるものが多いようです。自分で成人向けの映像や写真を見 ながらオナニーするときは、勃起しますが、女性が目の前にいてセックスをするとなると、極度な緊張や精神的なプレッシャーによって、勃起しない事があります。

また、人生初めてのセックスが上手くできなかったことがトラウマになっているケースもあります。

 

生活習慣によるもの

毎日の生活が原因でEDになることがあります。

まず一番多いのが、毎日大量の喫煙をしている人がEDになることです。

これは、タバコに含まれるニコチンが体の血液の流れを悪くし、勃起する際にペニスに血液が流れ込まなくなるからです。

 

次によくあるのが、食生活の乱れです。

毎日の食事で脂の多いハンバーガー、牛丼、ラーメンなどのファーストフード、あるいは添加物の多いコンビニ弁当を食べている、糖分の多いジュース、缶コーヒーをよく飲む人は注意が必要です。

これらの食べ物をよく食べている人にもEDが起きやすくなります。

 

また、運動不足もEDの原因になりますので、デスクワークの人や1日中パソコンを使っている人、歩くことが少ない人は積極的に運動をするようにしましょう。他にも睡眠不足やストレスの蓄積、過度の飲酒によってもEDが起きます。

 

男性ホルモンの低下

男性ホルモンであるテストステロンが仕事のストレスによって、分泌量が低下しEDが起きているケースがあります。

男性ホルモンはリラックスしているときに多く分泌されます。

しかし度重なるストレスによって交感神経が緊張し、男性ホルモンが分泌されない事がEDにつながってしまいます。

 

病気によるもの

糖尿病にかかってしまった人がEDになる事はよくあります。

糖尿病は血液の病気のため、 臓器や神経に悪影響を及ぼします。

また、血液、血管だけでなく、神経にも悪影響及ぼすので、脳からの命令が伝わりにくくなり、勃起を促すことも上手くでき なくなります。

また、動脈硬化になった人も血液がペニスにうまく流れ込まなくなり、勃起障害が起きやすくなります。

 

勃起不全の予防対策

勃起不全(ED)を予防するためには様々な方法がありますが、ここでは特に重要なものを3つ紹介します。

どれも簡単にできるものなので、すぐに試してみてください。

 

タバコをやめる

タバコを吸う人は常にEDの危険があると言っても過言ではありません。

タバコを吸うと活 性酸素が体内に生まれ、血液内の細胞を傷つけます。

その結果動脈硬化を引き起こす危険性が高まります。

また、ニコチンによって血液がドロドロになったり血 管を収縮してしまうため、勃起に障害を引き起こしてしまいます。

正常な勃起をさせるためには、タバコをやめる必要があります。

 

お酒の飲み過ぎはダメ

飲酒に関しては、適度な量を飲んでいるだけであれば、それほど問題ありません。

しかし、飲み過ぎると脳内の中枢神経 の働きを弱めてしまいます。

ペニスの勃起は、脳から送られた信号によって行われるので、飲み過ぎると勃起しなくなります。

セックス前のお酒はほどほどにし ておきましょう。

 

適度な運動をする

ストレスを溜め込むと、男性ホルモンの分泌量が低下し、勃起しなくなります。

そのため、適度な運動をおすすめしま す。運動をすることで、男性ホルモンの分泌が増え、からだ全体の血液の巡りも良くなります。

また、精神的にもストレスが解消されます。

さらに適度な疲れに よって睡眠の質を向上させる効果もあります。

ウォーキングや水泳、ジョギング、ヨガ、ストレッチなどを毎日続けるようにしましょう。

 

もしも、勃起不全になってしまったら・・・その対策

もしも、勃起しなくなった、勃起してもすぐに中折れしてしまう、などの症状が現れたら、内科、泌尿器科、ED専門のクリニックで医師の診療を受けることをおすすめします。

早めに対処すれば、短期間の治療で回復することもあります。

先延ばしせずに医師に相談したいものです。また、どうしても医師の相談をうけたくない、という方の場合、ED治療薬でなくとも、L-シトルリンの配合されたサプリメントなどでも効果が充分に期待できるので、おすすめです。

 

ED治療薬(バイアグラなど)と、L-シトルリン含有サプリ、どう違う?

バイアグラなどのED治療薬と勃起改善サプリは、「効果」というより「使用感」の面で大きく違います。

ED治療薬の場合は、単純に肉体の一部の「スイッチ」が入って強制的に勃起するような感じ。

対してサプリメントのほうは、「気持ちよい、興奮する、身体が火照る」という強壮剤の役割もありつつ勃起が持続します。

 

勃起不全とはどのような状態の事なのか?

勃起不全、EDとは、セックスや性的に興奮したい状況で勃起したいと思ったときに正常に勃起せず、性行為に支障をきたす状態のことです。

通常の勃起では、性的な刺激が脳から信号が発せられ、神経を通じて陰茎に届きます。その際に、スポンジ状の組織である陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)に大量の血液が流れ込み、ペニスが勃起します。

しかし、勃起不全、EDになると、十分な量の血液が海綿体に流れ込まなくなります。

 

人によって症状が異なります

勃起不全といっても、人によって状況が変わります。

・軽症

時々勃起しなくなるときがあるが、ほとんどの場合は勃起し、セックスができる。マスターベーションは問題なくできる。

・中等症

セックスをする際に、勃起しない事がしばしば起きる。マスターベーションでも勃起しないときがある。

・重症

セックス、及び、マスターベーションの際にまったく勃起しない状態。

 

勃起不全の判断のしかた

次のような状況になっていたら、勃起不全の可能性が高いでしょう。

「女性とセックスしたいと思って興奮しても、ペニスが勃起しない。」

「ペニスがなかなか勃起しなくなったし、勃起している時間が短くなった。」

「ペニスはかろうじて勃起するが、十分に硬くならず、折れてしまう。」

「女性とのセックスでは、途中まで挿入できるのだけど、数分後に勃起しなくなってしまう。」

 

勃起不全の改善方法

勃起不全、EDは適切な対処をすれば、軽度の場合では治ることもあります。

勃起不全の大きな原因としては、血液の流れにあるため、この血液の流れを改善することによって症状が治ることがあります。

 

精神面

仕事のプレッシャーやストレスによってEDになる可能性があります。

ストレスを溜め込まないように、自分の好き方法、「趣味」「運動」「スポーツ」「ドライブ」などでストレスを発散したり、睡眠をしっかりすることで改善に向かう事があります。普段の生活でリラックスすることを心がけてください。

 

体力面

身体的な理由で、勃起しない事も考えられます。例えば、普段の生活や仕事中に座っているままであるのなら、注意が必要です。

1日中ずっと座っていることで血液の流れが悪くなってしまいます。

そうならないためにも毎日の運動が重要になります。外を歩いたり、走ったりしてください。

また、自分が興味があり、続けられるスポーツに取り組むのも良いでしょう。

 

食事面

食事は体に大きな影響を与えます。血液の流れを悪くする食べ物は極 力避けるようにしましょう。

ラーメンや牛丼、ハンバーガーは脂が多く、食べ続けることで血液がドロドロになります。

その他、添加物の多いコンビニ弁当にも 注意が必要です。

さらにアイスクリームや炭酸飲料、缶コーヒーには砂糖が多く含まれているので、なるべく摂らないようにしたいものです。

野菜や肉の他に大 豆などの豆類や椎茸、エノキ茸などのキノコ類もしっかり食べるようにしましょう。

 

日本人のEDの現状とは?

現在、日本の成人男性の4人に1人に「時々、勃起しない」「全く勃起しない」など勃起に何らかの不具合が起きてきます。

その多くが50代と60代ですが、中には、10代20代にも起きており、どの世代にも起こりうる症状と言えます。

 

病院に診察することになったら

EDの疑いがある場合には、病院で医師に診てもらう事も考えてみましょう。

診療科目は、内科もしくは泌尿器科のある病院に相談するのが良いです。

また、ED診療専門のクリニックもありますので、インターネットなどで調べてみましょう。

 

ED病院で良くある質問

よくある質問を次のようにまとめました。

医師に自分のペニスを見せますか?

陰茎に損傷がない場合は、医師にペニスを見せることはないでしょう。多くの場合は医師と話をするだけで終わります。

 

女性のスタッフと話すことが恥ずかしいのです。

一般の内科では女性の看護師、スタッフがいることが多いようですが、ED専門のクリニックでは、医師、スタッフ全員が男性であるようです。事前に電話やインターネットで調べておきましょう。

 

医師からは何を聞かれますか?

勃起の状況とともに、今服用している薬について質問があります。

 

やはり医師と話すのが恥ずかしいのですが・・・

医師は毎日、多くの患者さんの治療を行っていますので、あなたがEDだとしても特別偏見の目で見られることはありませんし、特別な感情を持つこともありません。

日本には多くのEDの患者さんがおり、社会的にも認知されている症状で、特に恥ずかしいことではありません。

それよりも、セックスの時に女性の前で恥ずかしい思いをしないように、速やかに治すことが大切です。

 

クリニックに行く以外に方法はありませんか?

もしも、あなたが軽症の勃起不全、EDであるのなら、普段の生活を治すことで、改善に向かう事が考えられます。

バランスの良い食事、ストレスの軽減、適度な運動を積極的に行うようにしてください。

その他、治療薬ではありませんが、サプリメントによって、症状が改善することがあります。

これらは厳密には薬ではなくサプリメントですが、正しく飲み続けることで、勃起力を高める効果があります。

 

勃起不全は、早めに対処すれば、比較はやく改善することが考えられます。まずは、あなたの生活で改善できることから始めましょう。

あなたの再び楽しいセックスライフを送れるように願っています。

 

勃起不全改善、すぐに勃起するサプリメント

 

↓勃起しない人 (勃起不全) 対策のサプリメント、すぐに勃起するにはコチラ

【シドルフィンEX】

コメント

タイトルとURLをコピーしました